空のビジネスを全面サポート ドローン活用の可能性を拡げませんか?
ソフトバンクC&Sのドローン情報総合サイト

ドローンビジネス情報:基礎知識の記事

法人利用でも安心!対象機体の賠償責任保険を無償拡張

2017年01月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ドローンの保証、保守、保険

メーカー製品保証・保守対応

通常利用時の故障、不具合が発生した場合の保証、いわゆるメーカー保証はメーカーにより適用期間が異なります。(DJIは納品後15日、3DRは1年間など)

保証期間を過ぎたドローンが故障した場合の対応は、都度の修理対応を有償で行うことになります。利用者の操作ミスに起因する故障については、保証期間であっても実費が発生するケースが多いです。

機体保険

操作ミスによる修理の場合など、機体の損傷を回復するための動産保険も存在し、本体購入金額に標準で含まれているものと、購入後に任意で加入するものがあります。保険適用になる前提として、航空法などの各種法令を順守しての使用を行っていることが条件となることは言うまでもありません。

賠償責任保険

ドローンは人の手を離れて飛行しますし、事故が発生する可能性も残念ながらゼロではありません。そこで人やモノに大きな損害を与えてしまった際に適用される「賠償責任保険」が販売されており、大手保険会社も商品化を行っています。こちらも本体購入時に標準的なものは含まれていることが殆どで、ドローンの利用時にまったく保険適用の無い状態で飛ばすことはまず考えられません。

ソフトバンク コマース&サービスオリジナル!DJI 拡張保険

メーカーや機体により保証・保険の内容はまちまちですが、ソフトバンク コマース&サービスでは法人利用の際にもより安心してご利用いただくために、DJI対象機種の賠償責任保険を拡張して提供しています。標準で対人1億円、対物5000万円の保険に加入できますが、ソフトバンク コマース&サービス経由(提携販売店経由含む)の購入をいただくと対人4億円、対物3億5000万円の賠償責任保険が標準で添付されます。

拡張保険適用方法

通常のご購入時との手続き上の違いは何もなく、保険代理店:エアロエントリー社ホームページでのシリアル入力をいただくと、拡張保険の適用可否をシステム上で判断し、自動的に拡張保険が適用されます。

個別の申込手続き等は一切発生いたしませんが、念のため保険証がお手元に届きました際には拡張保険が適用された補償額が記載されているか、ご確認いただくことをおすすめしております。

エアロエントリー登録画面.PNG

DJI無償付帯保険の登録画面

拡張保険を無償付帯させてのご提供は、法人でのドローン活用をより推進したい、というメッセージも込めてのサービスですので是非ご導入をご検討ください。

対象機体は以下です。

  • PHANTOM 4
  • PHANTOM 4 Pro
  • Mavic Pro
  • Inspire 2