空のビジネスを全面サポート ドローン活用の可能性を拡げませんか?
ソフトバンクC&Sのドローン情報総合サイト

ドローンビジネス情報:新製品の記事

「DroneDeploy テクニカル講習セット」提供開始

2018年07月25日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ソフトバンク コマース&サービス株式会社(以下「ソフトバンクC&S」)は、ドローン本体(DJI PHANTOM 4 PRO V2.0)、周辺機器、賠償責任保険(対人最大4億円、対物最大3億5,000万円)に加え、ドローン向け商用クラウドサービスDroneDeploy(ドローンデプロイ)とその使い方講習をセットにした「DroneDeploy テクニカル講習セット」の提供を、2018年7月25日より開始します。

DroneDeployは、ドローンの自動飛行と自動撮影をスマホやタブレットのアプリから簡単に制御することができるクラウドサービスです。利用者は目的に応じたエリアや撮影条件を設定するだけで、ドローンが自動で離陸、飛行、撮影、着陸までを行います。空撮データを用いた3D図面や植生指標データの作成、地表の標高計算といった加工・分析機能を標準で搭載しているので、主に測量、建設、土木、農業分野で利用されています。

講習は、株式会社スカイシーカーが提供する「DroneDeployテクニカル講習」のメニューを用意しました。

実際にドローンを飛ばすことができるので、経験のない方でも自動飛行の方法や空撮データ収集方法を学べます。また、空撮データを用いた画像処理による点群、オルソ、3D、植生指標(NDVI)など各種データの作成方法など実践的な技術を身に着けることができますので、点検作業、土木・建設・測量、農業などの業務に活かせる講習内容となっています。

<DroneDeploy テクニカル講習セット 商品ページ>

https://dronebank.jp/product/000497.html

リリース詳細(PDF)

https://cas.softbank.jp/news/information/upload/0725.pdf